カテゴリー: デジモノ

デュアルSIMスマホのメリットとデメリット

iPhoneが対応したことで、利用者が増えてきている「デュアルSIMスマホ」デュアルSIMスマホ。デュアルSIMスマホのメリットとデメリットをまとめました。

デュアルSIMスマホのメリット

通話とデータのSIMを別にして月額費用を抑える

現在のキャリアのプランは、通話とデータ通信を分離したものが少なくなってきていますが、大手キャリアで格安の通話のみプランを契約して、データ通信だけは格安SIMサービスで大きめの容量を契約するということが可能になります。

大手キャリアだと、ギガが2GBで3,000円くらいが標準ですが、格安SIMと組み合わせれば3,000円未満で6GBほどの通信できるようになります。

海外渡航時に現地SIMを格安で使える

デュアルSIMスマホのメリットとして昔から挙げられるのが海外渡航時の使い勝手。

データ通信は現地の格安SIMにしておいて、日本のSIMは待ち受けだけにしておくということができます。

海外の場合、着信だけで「着信料金」が取られることが多いですが、「日本のSIMは緊急用」「現地のSIMを常用」とすることで、現地でも格安で快適に通信が可能になります。

デュアルSIMスマホのデメリット

魅力的なモデルは価格が高い

中華系のスマホなどの格安モデルでもない限り、デュアルSIMスマホは基本的に割高です。

これは、キャリアが端末割引をしていないSIMフリー版として購入するのがメインだからというのが大きな原因ですが、キャリア版が新品未使用で5万くらいで売られていても、デュアルSIM版は新品が8万円以上ということはよくあります。

ただ、3万円ほどの差がついていても、格安SIMなどで月額料金を抑えられれば1年ほどでペイできるので、ここのデメリットは小さくなりつつあります。

格安SIMだと通話とデータがセットでも安いのでメリットが少ない

最近は、格安SIMの通話SIMプランでも通話し放題プランが追加されてきており、格安SIMのみの契約で済んでしまうケースが増えてきました。

大手キャリアの場合は、ファミリー通話無料などが魅力的ですが、最近はLINE電話などで済ませてしまうケースも増えてきているので、そもそも大手キャリアの回線を持つ意味があるのかという状況になりつつあります。

キャリアスマホでもSIMロック解除できるようになった

かつてはNTTドコモ以外は「契約者本人以外はSIMロック解除不可」という時代がありましたが、現在は手数料さえ払えば誰でもSIMロック解除ができるようになりました。

キャリア版のスマホはキャリアが端末代金を負担している分、SIMフリー版よりも安くなるため、「格安なSIMフリースマホ」なのですが、キャリア版はデュアルSIMではありません。

そのため、「SIMロック解除したキャリア版のスマホ + 格安SIM」という安いスマホの買い方・使い方も出てきているため、デュアルSIMスマホの意義が薄くなりつつあるのは確かです。


デュアルSIMスマホのメリットとデメリットを見てきました。

楽天モバイルの算入など、携帯電話業界は再編の最中とも言えるので、現状ではその都度お得な回線を選ぶようにするのがベストです。自分にとってベストな方法を探してみてください。

デジモノの記事

一番安いのはどれ?スマホ・タブレットをテレビに映す方法まとめ

映像を見たり、アプリを大画面でプレイしたり、テレビとスマホ・タブレットを接続すると楽しみ方が増えます。今回は、スマホをテレビに映す方法とコストを比較します。

一番安いのはどれ?スマホ・タブレットをテレビに映す方法まとめ の続きを読む

外でPC作業をするユーザー必携「PCセキュリティ・ワイヤー」の選び方

カフェや図書館など、出先でPC作業をするユーザーは絶対に持っておきたいのが「PCセキュリティ・ワイヤー」。今回は、PCセキュリティ・ワイヤーの選び方をまとめました。

外でPC作業をするユーザー必携「PCセキュリティ・ワイヤー」の選び方 の続きを読む

絶対に失敗しないモニターアームの選び方

マルチディスプレイ環境を快適にしてくれるのがモニターアーム。簡単な仕組みのデバイスですが、選び方次第でレイアウトが変わってしまったり、モニター同士が干渉したりと、意外とハマりポイントが多いアイテムです。

絶対に失敗しないモニターアームの選び方 の続きを読む

電子書籍リーダーに最適な電子ペーパー・ディスプレイ搭載端末まとめ

電子書籍リーダーに最適な電子ペーパー・ディスプレイを搭載した、電子書籍リーダー、Androidタブレットなどの端末をまとめました。

電子書籍リーダーに最適な電子ペーパー・ディスプレイ搭載端末まとめ の続きを読む