カテゴリー: デジモノ

SIM複数枚プランのメリットと対応格安SIMサービスまとめ一覧

1回線分の基本料金で複数枚のSIMが利用できる格安SIMの「複数枚SIM契約」。そのメリットと対応している格安SIMサービス、契約する際の注意点をまとめました。

複数枚SIMカード契約とは?メリットは?

複数枚SIMカード契約とは、「1契約で複数のSIMを契約する」ことを指します。

契約を一つにまとめられるので、

  • ギガをシェアできる
  • 請求が一つで簡単
  • 基本料金が1つになるので安くなることも

というメリットがあります。

家族でスマートフォンを使っているケースや、一人で複数台のスマートフォン・タブレットを利用しているケースなど、複数枚SIMカード契約にすることで、格安SIMをさらに安く使えることもあります。

複数枚SIMカード契約がある格安SIM

複数枚SIMカード契約ができる格安SIMには、「複数枚プランタイプ」「追加SIMタイプ」の2つの契約タイプがあります。

それぞれの料金体系の違いは、下記の通りです。

複数枚プランタイプ 追加SIMタイプ
基本料金 1回線分 1回線分
SIM追加料金 - 必要
ギガのシェア
料金の請求 主回線 主回線

違うのは、月額料金に追加SIM料金が含まれているか、という点です。

複数枚プランタイプの格安SIMサービス

かつては、DMMモバイルなども複数枚プランを提供していましたが、現在では主要格安SIMサービスで複数枚プランを提供しているのはエキサイトモバイルのみになってしまいました。

格安SIM セット枚数 最安値 HP
エキサイトモバイル 3枚 1,050円 公式サイト

SIM追加タイプの格安SIMサービス

現在、複数枚SIMを利用する場合は、SIM追加料金を利用するケースがメインとなっていて、大手の格安SIMサービスが複数枚SIMに対応しています。

格安SIM 最大枚数 最安値 SIM追加料金 HP
IIJmio 10枚 2,560円 400円/1枚 公式サイト
BIGLOBEモバイル 10枚 900円 320円/1枚 公式サイト
OCN モバイル ONE 10枚 880円 400円/1枚 公式サイト
hi-ho LTE typeD 3枚 1,050円 140円/1枚 公式サイト

格安SIMで「複数枚SIM契約」をする際の注意ポイント

追加SIM料金を加えて、他社サービスと料金を比較しよう

OCN モバイル ONEやIIJmioのように、追加SIM料金が月額400円と結構な料金になるケースもあります。

SIMを追加するだけで月額400円となると、nuroモバイル(月額最安値:300円)などのデータSIM月額料金に匹敵するケースがあります。その場合は、無理にプランをまとめて複数枚SIM契約にするよりも、個別に契約した方がギガあたりのコスパが高くなるケースがあるので要注意です。

SIMを追加するときの手数料に要注意

かつては格安SIMを契約する時の手数料といえば「初期手数料」のみでしたが、最近では「SIM準備手数料」や「SIM追加手数料」など、SIMを追加するだけで様々な手数料が取られます。

追加SIMを長期間使う場合は問題ありませんが、短期間で解約してしまうと、これらの手数料が他社サービスでの数ヶ月分の月額料金に匹敵することもあるので、複数枚SIMを契約するときは、しっかりと料金プランを比較して「長く使う前提」で契約しましょう。

デジモノの記事

dysonのコードレス掃除機の互換アダプタ・バッテリーの選び方

意外と壊れやすいのに、純正品が高いdysonのコードレス掃除機。純正品ではないけレド、安く手に入るdysonの互換アダプタ・バッテリーの選び方をまとめました。

dysonのコードレス掃除機の互換アダプタ・バッテリーの選び方 の続きを読む

絶対に失敗しないデュアルディスプレイの選び方

デュアルディスプレイ歴10年以上の筆者が解説する、絶対に失敗しないデュアルディスプレイの選び方をまとめました。適切に作業領域を広げつつ、身体へ負担が少ないデュアルディスプレイの構築方法です。

絶対に失敗しないデュアルディスプレイの選び方 の続きを読む

アウトドアで快適に使えるタフ・スマートフォンの選び方

アウトドアで快適に使えるタフ・スマートフォンの選び方をまとめました。アウトドアでスマホを使う際は、「壊れにくい」「長く使える」「広く使える」の3つの要素が大事です。

アウトドアで快適に使えるタフ・スマートフォンの選び方 の続きを読む