カテゴリー: デジモノ

【Kindleの選び方】広告付きかなしか?WifiかWifi + 4Gか?

Amazonの電子書籍リーダー「Amazon Kindle (アマゾン・キンドル)」。 シリーズごとに用意されている「広告つき」「広告なし」、「Wifi」「Wifi + 無料4G」の選ぶ際のポイントをまとめました。

Kindleのモデルラインアップ全種類をおさらい

2020年現行品のAmazon Kindleには下記のモデルがラインアップされています。

  • Kindle (無印Kindle)
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Oasis
  • Kindleキッズモデル

上記の4ラインアップのうち、Kindleキッズモデルを除いた3シリーズには、「広告つき」「広告なし」の2モデルが存在します。

また、「Kindle Paperwhite」と「Kindle Oasis」には、通信方式の違いで「Wifi」「Wifi + 無料4G」モデルの2種類があります。

「Wifi + 無料4G」モデルは、「Kindle Paperwhite」と「Kindle Oasis」共に「32GBかつ広告なし」モデルのみになっているため、容量の違い(8GB or 32GB)も含めて5種類のモデルのラインアップになっています。

モデル 価格 シリーズ 容量 広告 通信
Kindle (広告つき) ¥8,980 Kindle 4GB あり Wifi
Kindle (広告なし) ¥10,980 Kindle 4GB なし Wifi
Kindle Paperwhite 8GB Wifi (広告つき) ¥13,980 Kindle Paperwhite 8GB あり Wifi
Kindle Paperwhite 8GB Wifi (広告なし) ¥15,980 Kindle Paperwhite 8GB なし Wifi
Kindle Paperwhite 32GB Wifi (広告つき) ¥15,980 Kindle Paperwhite 32GB あり Wifi
Kindle Paperwhite 32GB Wifi (広告なし) ¥17,980 Kindle Paperwhite 32GB なし Wifi
Kindle Paperwhite 32GB Wifi + 4G (広告なし) ¥22,980 Kindle Paperwhite 32GB なし Wifi + 4G
Kindle Oasis 8GB Wifi (広告つき) ¥29,980 Kindle Oasis 8GB あり Wifi
Kindle Oasis 8GB Wifi (広告なし) ¥31,980 Kindle Oasis 8GB なし Wifi
Kindle Oasis 32GB Wifi (広告つき) ¥32,980 Kindle Oasis 32GB あり Wifi
Kindle Oasis 32GB Wifi (広告なし) ¥34,980 Kindle Oasis 32GB なし Wifi
Kindle Oasis 32GB Wifi + 4G (広告なし) ¥40,980 Kindle Oasis 32GB なし Wifi + 4G

一口にAmazon Kindleと言っても、これだけのラインアップがあるため、実際に購入しようという時には意外と悩んでしまうものです。

広告つきか広告なしか

Kindle広告の挙動を確かめる

Amazon Kindleの広告付きモデルの「広告」とは、

  • スリープ時のロック画面に表示される広告(常時表示)
  • ホーム画面にの下部にバナー広告が表示される

という形になっています。

バナー広告は無視すればいいですが、ロック画面の広告については

  • 電源ボタンでロックを解除する(広告が表示されている)
  • スワイプして広告ページをスキップする
  • ホーム画面

という流れになり、スワイプという1ステップが入ります。広告なしモデルは、電源ボタンで一発でホームや読書画面に戻るので、「すぐ読みたい」という時に地味に面倒です。

価格やラインアップから考える

一覧にしてみるとわかりますが、Kindleにおけるモデルラインアップは、

  • 広告つきにすると2,000円安くなる
  • 広告ありにすると、上位容量モデルとの価格差がほとんどなくなる

という方式があります。

つまり、同じ値段でも、広告ありモデルにすれば、一つ上での32GBが同じ値段かほぼ同じ値段で手に入ってしまうのです。

モデル 価格 一つ上のモデルとの差額 容量 広告
Kindle Paperwhite 8GB Wifi (広告なし) ¥15,980 - 8GB なし Wifi
Kindle Paperwhite 32GB Wifi (広告つき) ¥15,980 ¥0 32GB あり Wifi
モデル 価格 一つ上のモデルとの差額 容量 広告
Kindle Oasis 8GB Wifi (広告なし) ¥31,980 - 8GB なし Wifi
Kindle Oasis 32GB Wifi (広告つき) ¥32,980 ¥1,000 32GB あり Wifi

KindleはSDカードで容量を拡張できないので、かなり悩むところです。

WifiモデルかWifi + 無料4Gモデルか

一覧のところでも書いた通り、Kindleの無料4Gがついたモデルは「必然的に最上位スペック」になるため、かなりの高額です。

無料通信でダウンロードできるのは小さいデータの書籍のみ

通信費が無料になるならと思いたいところですが、色々制限があるためあまりメリットがないことに気づきます。

この「無料4G」というのが結構クセモノで、

  • 全ての電子書籍がダウンロードできる訳ではない
  • 漫画コミックなど容量が大きい書籍データはダウンロードできない

という制限があります。

文字書籍のみであれば無制限でダウンロードができるので良いのですが、逆に、文字書籍は500KBほどしかデータ容量がないため、32GBも容量があるのであれば、Wifiかスマホのテザリングで一気に全書籍をダウンロードしておけばいいので、あまり4Gのメリットがありません。

8GBモデルのように容量に不安がある場合は、4G通信でどこでもダウンロードできるのは大きなメリットですが、無料4Gがついたモデルは「必然的に32GBモデル」なので、8GBモデルはありません。

メリットは出先で書籍を購入・ダウンロードできること

そうなると無料4Gの恩恵を得られるのは、外出先や自宅にネット回線がなくてもKindle書籍の購入とダウンロードがKindle単体で出来ることですが、今やほぼ全てのスマホでテザリング機能が標準搭載されているので、外出先ではスマホ・テザリングをした方が書籍の種類も選ばずダウンロード出来るため快適でしょう。

また、価格面で見ても、無料4Gつきモデルはなしモデルに比べて5-6,000円高く設定されているため、それだけの通信費をペイするにはKidleストアで相当量の買い物をしないとダメでしょう。


広告付きかなしか?WifiかWifi + 4Gか?Kindleの選び方を見てきました。

広告の有無については操作面での部分が多いので「慣れ」でカバーできますが、無料4Gモデルについては、価格差から考えるとあまりオススメできないことがわかります。

こうしてみると、ラインアップと価格構成も絶妙に設定されているAmazon Kindle。自分の用途に合わせて、上にあげた例を参考に自分にあったモデルを探してみてください。

デジモノの記事

ベストKindle・Fireタブレットはこれだ!用途別・Amazon電子書籍リーダーの選び方

電子書籍専用モデルのKindle(アマゾン・キンドル)からAndroidベースのFireタブレットまで、様々な種類が発売されているAmazonの電子書籍リーダー。 ここでは用途別にベストなKindleの選び方をピックアップしました。

ベストKindle・Fireタブレットはこれだ!用途別・Amazon電子書籍リーダーの選び方 の続きを読む